善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの違いとは

悪玉コレステロールと善玉コレステロール。
この2つの違いはいったいどのようなことでしょうか。
実は善玉コレステロールも、悪玉コレステロールも、便宜上付けられた名前というだけであって、そのような種類があるわけではないのです。
また、悪玉というからには人間にとって「悪い!」と思いがちですが、善玉コレステロールも、悪玉コレステロールも人間にはなくてはならないものなのです。

善玉コレステロール【High Density Lipoprotein(HDL)】
高比重リポタンパク(正式名称)

とても小さなタンパク質

血流に乗って全身を駆け巡り、動脈や、血管壁の中の余分なコレステロールを回収して肝臓に届けてくれる

動脈硬化を防ぐことになる。

 

悪玉コレステロール【 Low Density Lipoprotein(LDL)】
低比重リポタンパク(正式名称)

細胞、ホルモンの材料になるコレステロールを細胞に届ける重要な役割をしている。

しかし、細胞で必要になるコレステロール量は決まっている。

どんどん運ぶことはできても、過剰分を判断、除去する能力はない

乱れた食生活が続いたりすると、悪玉コレステロールがどんどん増える、どんどん運ぶ

結果、善玉コレステロールとのバランスが悪くなり、基準値を超える数値がでてきてしまう

 

2つのコレステロールの働きは真逆のものです。
悪玉コレステロールが増えれば、善玉コレステロールは減り、逆もまたしかりです。
どちらも非常に重要なものですが、バランスが崩れると動脈硬化などの原因になり、さらに悪化すると、心筋梗塞、脳卒中など、非常に危険な病気になるのです。
ちなみに、リポタンパク自体は4種類あるのですが、残り2種類は中性脂肪を運ぶ働きをするものです。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら