動脈硬化とは?症状と原因・予防!改善方法と治療や食事について 

病院での血液検査や人間ドックや生活習慣病予防検診などで、高血圧や高脂血症などを指摘されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。高血圧や高脂血症をそのまま放置しておくとコレステロールや中性脂肪の数値がどんどん上昇してしまい、それと同時に血圧も上昇し動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

動脈硬化とは?

動脈は、心臓から送り出された血液を身体の隅々に送る役割をしています。そんな動脈が老化した状態のことを動脈硬化と言います。

 

動脈硬化の症状

動脈硬化になると血管の壁にコレステロールなどが溜まります。すると血管が狭くなり、詰まったり破けてしまうのです。
動脈硬化が招く病気として代表的なのは狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。これらは命にも関ってくる怖い病気です。

 

動脈硬化の原因

動脈硬化の危険性が一番高いのは悪玉コレステロール値が高い人です。そもそも動脈硬化は血管の壁が傷ついてコレステロールが溜まることから始まります。
他にも善玉コレステロール値が低い人、高血圧、喫煙、糖尿病、運動不足、メタボリックシンドローム、肥満、ストレス、加齢、遺伝などが原因として考えられます。

 

動脈硬化の予防法

動脈硬化を予防するなら、まずは生活習慣を見直しましょう。脳梗塞などになってからでは遅いのです。
栄養バランスを考えた食事を摂る、腹八分目にして間食は控える、定期的な運動をする、禁煙するといったことが動脈硬化の予防に繋がります。特にコレステロールが大きな原因となっているので、悪玉コレステロール値を上げないこと、善玉コレステロール値を下げないことが大切です。

 

動脈硬化対策におすすめの食べ物

・豆腐
豆腐などの大豆製品に含まれている大豆たんぱくやリノール酸・オレイン酸、レシチン、サポニンは悪玉コレステロールを抑えたり中性脂肪を減少させる効果があります。
畑の肉とも呼ばれている大豆。ぜひ動物性たんぱくの代わりに摂取しましょう。

 

・ブロッコリー
ブロッコリーは食物繊維が多く含まれていて、コレステロールの吸収を抑えてくれます。そして食物繊維は水溶性と不溶性の2つに分けることが出来るのですが、ブロッコリーなどの水溶性食物繊維はコレステロール値を低下させる効果があるのです。ブロッコリー以外にもオクラやワカメ、里芋、こんにゃくなどは水溶性食物繊維が豊富に含まれているのでオススメですよ。

 

・魚
特に青魚に含まれる油はDHAやEPAと言って、中性脂肪を抑えたりコレステロール値を下げる効果があります。血液をサラサラにする作用もあるので、生活習慣病が気になる人は積極的に食べたい食材です。具体的にはサバやイワシ、ブリ、ハマチ、マグロ、ウナギなどに多く含まれています。

 

・トマト
トマトに含まれているリコピンには善玉コレステロール値を下げたり、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果があります。トマトが赤くなると医者が青くなるという言葉がありますが、トマトには他にもビタミンやクエン酸、カリウムなどが含まれていて栄養満点です。ソースやスープ、ジュースで摂取するのも良いですね。

 

動脈硬化の改善方法

予防法と同じになりますが、食事療法と運動療法が効果的です。
自分の基礎代謝量や身体の活動量に見合った食事エネルギーにしましょう。つまり食べ過ぎないことです。とは言え少なすぎても問題です。栄養バランスを考えて、特に上に挙げたような食べ物を意識して摂取することが改善に繋がります。
運動は中性脂肪を減らしたりインスリンの抵抗性も改善してくれます。精神的にもリフレッシュ出来るので、毎日少しづつでも良いので身体を動かすようにしましょう。特にウォーキングや水泳などの有酸素運動がオススメですよ。

 

動脈硬化の治療方法

運動療法や食事療法、生活習慣の改善を行っても治らない場合は薬物療法があります。コレステロールの合成を妨げる薬やコレステロールの吸収を妨げる薬などがあります。
また、魚の油に含まれているEPA・DHAが含まれたサプリメントや、トマトのリコピンが含まれたサプリメントを利用するという方法もあります。

 

まとめ

動脈硬化は、高血圧や高脂血症が原因で血管が硬くなったり狭くなったりする状態です。動脈硬化が進むと重大な病気の発症につながってしまいます。脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などです。
これらの病気の発症を予防するためには動脈硬化になりにくい健康でしなやかな血管を保つということが重要になります。
動脈硬化を予防に役立つおすすめの食材としては、カツオ、イワシ、ブリ、サバ、サンマ、マグロなどの青魚です。青魚に含まれているEPAとDHAという成分がコレステロールや中性脂肪の数値を下げたり血圧の上昇を抑えたりする効果があります。

EPA,DHAで血液をサラサラにしてコレステロールを下げる

しかし、青魚が苦手、料理をする習慣がない、忙しくて外食が多くなってしまうという人も多く、EPAとDHAをコンスタントに摂取するというのは意外と難しいことです。そこでおすすめなのがEPAとDHAが配合されているサプリメントの摂取です。サプリメントなら毎日の健康習慣として手軽に摂取し続けることができますし、EPAとDHAを効率的に取り入れることができます。
積極的に摂取して動脈硬化になりにくい体づくりをしていきましょう。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら