特定保健用食品・トクホとは?効果や条件付き特定保健用食品とは?

特保(特定保健用食品)とは

CMなどで「トクホ」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。特保とは、特定保健用食品の略称で、消費者庁長官の認可を受けており、保険の効果を表示することを許されている特定商品です。

体の生理学的な機能に良影響を与えることのできる成分を含んでいるため、血圧上昇抑制や、血中コレステロールを正常にすることをサポートしてくれたりと、様々な効果が期待できるのです。

 

効果の程は科学的根拠に基づき、国が、その有効性や、安全性などを認めているものだけが、特保マークをつけて商品販売を許されています。
何でも勝手にトクホと付けていいのではなく、商品ごとに消費者庁長官の許可が必要です。
そして許可を受けるには身体の機能を高める、例えば血圧やコレステロールの数値が正常になるようサポートする成分などを含んでいたり、お腹の調子を整えることをサポートするなどの効果が科学的に証明されていることが条件です。
それらが認められたものだけが特定保健用食品と呼ばれ、専用のマークを表示させることが出来ます。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin86.pdf

トクホの効果にはどのようなものがあるの?

現時点で認められている効果はたくさんあります。例えば血圧が高い人に適する商品やコレステロールが高めの人に適する商品、血糖値が気になる人に適する商品、ミネラルの吸収を助ける商品、食後の血中の中性脂肪を抑える商品、虫歯の原因になりにくい商品、歯の健康維持、骨の健康維持、そして体脂肪がつきにくい商品などがあります。

 

トクホの商品をたくさん飲んだり食べたりすれば安心?

医薬品ではないので、たくさん飲んだり食べたりすれば完全に病気などが治る訳ではありません。むしろ1日の目安量を守らないと害が出ることもあります。本来ならば食事や運動などで健康を維持することが望ましいですが、それがなかなか難しい人はトクホを利用するのも良いですね。そしてトクホを利用しているからと言って不摂生をして良い訳ではありません。

 

条件付き特定保健用食品って?

トクホの商品は科学的に効果が証明されている商品のみだけだとお伝えしました。しかし科学的根拠までは証明されていないけれど、一定の有効性が証明されている場合は「条件付き特定保健用食品」として表記することが出来ます。その際、トクホのマークの真ん中に「条件付き」という文字が表示されています。

 

特保の注意点
自分に合った効果のものを選ぶ
特保の商品は薬ではありません。特保の効果だけに頼るのはやめましょう。
一日の目安量や、摂取方法を守る。
体が特別な状態にある場合は主治医に聞いてみる。

 

コレステロール関係で認可されている主な成分

2013年6月現在までに認可されている特保機能成分(関与成分)です。
おおまかなので全てではありません。

 

悪玉コレステロールが高めの人に適する食品
大豆たんぱく質、植物ステロール、サイリウム種皮由来の食物繊維、リン脂質結合大豆ペプチド、植物スタノールエステル、低分子化アルギン酸ナトリウム、キトサン

 

食後の血中の中性脂肪を抑える食品
ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物

 

体脂肪がつきにくい食品
ジアシルグリセロール、ジアシルグリセロール植物性ステロール(β-シトステロール)

 

コンビニで買える特保 おすすめ

「黒烏龍茶」(サントリー)
“ウーロン茶重合ポリフェノール”配合しているので、食事の脂肪の吸収を抑え、食後の中性脂肪の上昇を抑制する

 

「ブレンディ 香るブラック」(AGF
コーヒーでブラック。体脂肪が気になる人におすすめ。

 

「ヘルシア緑茶まろやか」(花王)
豊富に含まれた高濃度の茶カテキンが体脂肪を消費しやすくしてくれる。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ