コレステロールが安定する時間

コレステロールの値が安定する時間とは

コレステロールの値は1日のうちで常に一定ではなく、変動しています。
これは意外に知られていないことかもしれません。

 

人間には「生体リズム」があり、気分、体調など色々なものが一日の中で変動しているのです。

 

コレステロールの例外ではないですが、「生体リズム」の中でも
「最も変動した時間」というのがあります。

 

1日の時間の中で、もっともコレステロールの値が変動するのは夜中の2時から3時といわれています。

 

この時間帯にしっかり睡眠をとっていることがコレステロールの安定に望ましいといえます。

 

大切なのは、この時間にしっかりと眠りに入っていること、もっといえば、睡眠時間の半分くらいの時間であることが望ましいのです。

 

例えば12時に布団に入り、起床時間が6時などの場合がこれにあたります。

 

ちょうど3時が中間地点になり、睡眠時間の中心となります。

 

人間の体は寝ている間に、起きている時に使用したり、傷ついたりした箇所のメンテナンスにとりかかります。

 

コレステロールもこのときに多く作られます。
しかし、作られたコレステロールは体の修復材料として、どんどん消費されていくのです。

 

よって、たくさんのコレステロールは作られるが、消費もされるため、バランスがとれて、安定するというわけです。

 

ただ、悪玉コレステロールが多ければ、このバランスが壊れているわけですから、数値は悪いままです。

 

そのメンテナンスの役割をサポートする上でも、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を減らしたりする必要があるのです。

 

そのためには、食品、食事の改善や、有酸素運動、そしてEPAや、DHAのサプリで体をサポートしてあげることが大切です。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら