LDL下げたい人必須!玉ねぎの血液サラサラ効果がすごい!効果・効能

悪玉コレステロールを下げたい人に超おすすめ!玉ねぎの効果・効能

玉ねぎ

悪玉コレステロールを減らす

先ほど説明したアリシンは熱に弱く水に溶ける性質があります。そのため生で食べたときのみ有効な成分です。だからといって加熱したら効果がない訳ではありません。酸化や加熱することで「トリスルフィド」や「セパエン」という成分に変わります。その2つには悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があると言われています。つまり生でも加熱しても身体に良いとされる、優秀な食材なのです。

 

動脈硬化を予防する

玉ねぎには「アリシン」という辛味成分や香り成分が含まれています。他にもにんにくやニラ、らっきょうなどに含まれています。
血管にコレステロールが溜まると血液の流れが悪くなり、血栓ができやすくなります。そして動脈硬化に、進行すると脳梗塞や狭心症などを招いてしまいます。
アリシンは血液をサラサラにする効果があります。そのため血液の流れもよくなり動脈硬化を防いでくれるのです。動脈硬化が予防されるということは、それによる脳梗塞や狭心症なども防ぐことができます。

 

疲労回復に繋がる

玉ねぎに含まれるアリシンには疲労回復効果もあるのです。特にビタミンB1と一緒に摂ることで「アリシアチアミン」という物質に変わり、効果が上がると言われています。そもそもビタミンB1が不足すると疲労が溜まりやすくなります。アリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれるので、ぜひカツオなどのビタミンB1と一緒に食べたいところです。

 

便秘解消効果

たくさん含んでいる訳ではありませんが、玉ねぎは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方をバランス良く含んでいます。オリゴ糖も含まれているので、色んな料理と組み合わせることで便秘解消に繋がります。

 

他にも様々な効果が

これらの効果以外にも、神経を鎮めてくれるので不眠症への効果が期待できます。また、身体を温めて発汗を促したり、食欲を増進させる効果などがあります。

 

タマネギポリフェノールである「ケルセチン」とは?

玉ねぎの成分にアリシンやトリスルフィド、セパエンがあるとご紹介しましたが、忘れてはいけないのがタマネギポリフェノールの「ケルセチン」です。ポリフェノールの中でも「フラボノイド」というものに分類されます。植物にとって紫外線や虫は敵となるのですが、そのような外敵から守る役割をするのもケルセチンです。
このケルセチンを多く摂取した人ほど血液中の総コレステロールや悪玉コレステロール値が低下することが分かっています。そしてフラボノイド自体に強力な抗酸化作用があるので、動脈硬化の予防や生活習慣病の予防に適しているのです。
また、ラットを使った研究ではケルセチンによって最高血圧の上昇が抑えられました。そして軽症の高血圧である人たちを対象にした研究でも血圧が低下したことも分かっています。

 

おすすめの食べ方

最近話題になっている「酢玉ねぎ(玉ねぎ酢)」もおすすめです。そして先ほど紹介したようにカツオなどのビタミンB1と一緒に食べると更なる効果が期待できます。
調理が苦手な人は、玉ねぎを半分に切って耐熱皿に乗せ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分ほど加熱するだけで美味しい蒸し玉ねぎが出来ますよ。玉ねぎの甘みが感じられるので、炒めるよりも簡単で美味しいと主婦の間で話題になっているそうです。そのままお好みのドレッシングやポン酢をかけるだけで美味しく頂けます。電子レンジに入れる前にカレー粉と塩こしょうをかけるとスパイシーな味わいになりますよ。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ