喫煙(タバコ)と悪玉コレステロールの関係|禁煙しよう!

喫煙はやっぱり控えた方がいい!ヘビースモーカーは要注意!

タバコ
タバコはやっぱり百害あって一利なし。

 

喫煙は中性脂肪の合成を促してしまいます。
超低比重リポタンパク( Very Low Density Lipoprotein(VLDL))として血液に放出されて、血中の中性脂肪や、悪玉(LDL)コレステロールを増やすだけでなく、善玉コレステロールを減らしてしまうのです。
これはコレステロールで悩んでいる方にとって、本当に不幸なことです。

 

だからこそ、喫煙される方は、特に「悪玉コレステロールケア」に敏感でなくてはいけません。
悪玉コレステロール 禁煙
タバコを吸うことによってコレステロールが増えてしまうのは、カテコールアミンとうホルモン物質が原因ではないかと考えられています。

 

タバコを吸う本数に比例して、中性脂肪が増えていき、善玉コレステロール(hdlコレステロール)が減少するというデータもあるほどです。

 

よって、ヘビースモーカーの人は、特に注意が必要です。

 

HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減少する原因のうち、もっとも強力なのは、喫煙といっても言い過ぎではないのです。
それくらいコレステロールと喫煙は密接に関わっています。

 

喫煙はコレステロールのバランスを崩すため動脈硬化の原因にもなります。
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、高血圧の原因にもなります。

 

そして、血液を塊やすくして、血栓をできやすくしてしまうので、非常に健康に悪いです。

 

また、タバコの煙には体内に活性酸素を発生させて血管内部を傷つけ、悪玉コレステロールを酸化変性させるのです。
それだけでなく、ビタミン、カロチンなど、血中酸化を防いでくれる、大切な物質を少なくしてしまいます。

 

タバコのタール数の低いものにしたから大丈夫。ということはありません。
タバコはタバコ。一番いいのはやめることです。

 

今は禁煙外来など、医療的に禁煙をすることも可能ですので、厳しいとおもいますが、1日の本数を減らすとかでなく、だんだんとでもいいので、タバコをやめていくことを努力しましょう。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ