脂質代謝障害とは?症状や原因・検査内容・治療・改善方法について

脂質代謝障害とは?

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えていることを言います。いわゆる高脂血症、現在の脂質異常症のことを指します。現在の脂質異常症の診断基準としては、悪玉(LDL)コレステロールの値が140mg/dl以上、善玉(HDL)コレステロールの値が40mg/dl未満、中性脂肪の値が150mg/dl以上、これらの3つのうち1つ以上当てはまることだと定められています。
つまり例えば悪玉(LDL)が低い場合でも、善玉が低かったり、内臓脂肪が多いと脂質異常症と診断されてしまうのです。

 

脂質異常症はどのような症状が出るの?

基本的に自覚症状はありません。多くの人は健康診断などによって指摘されます。遺伝による家族性高コレステロール血症の場合は肘や膝、アキレス腱などに黄色腫(コレステロールの塊)が現れることがあります。

 

原因

食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足、肥満、喫煙、ストレスなどが原因だとされています。特にお肉や揚げ物、乳製品など油が多いものや、魚卵系などコレステロールが多い物、甘い物をたくさん食べる人は注意が必要です。
食生活が脂質異常症に直結するのは理解できますが、ストレスや喫煙は意外ですよね。実はタバコを吸うことで悪玉コレステロールと中性脂肪が増加し、善玉コレステロールが減ることが指摘されているのです。
ストレスも同じく、善玉コレステロールが減ったり中性脂肪が増えることが分かっています。

 

検査内容

病院や健康診断の血液検査で調べることができます。一般的な血液検査、健康診断ですぐに分かるので、コレステロールを調べるための特別な申し込みや精密検査は不要なところがほとんどです。

 

治療方法

食事療法

まずは食生活を正すことが大切です。特に動物性脂肪を含む食品を減らすことから始めましょう。腹八分目にとどめておくのも良いですね。しかしすぐにお腹が空いてストレスが溜まったり、間食をしてしまっては意味がありません。いつもの食事に少しの工夫を入れるだけでも変わってきます。
不飽和脂肪酸と呼ばれるオリーブオイル、エゴマオイルをサラダにかけたり、お肉ではなく青魚を食べるのもとても良い対策方法です。
あとは大豆製品や食物繊維、野菜、海草類を積極的に摂るのもおすすめですよ。

 

運動療法

まずはウォーキングなどから始めてみましょう。1日30分ほど歩くのが望ましいのですが、まずは一駅手前で降りて家まで歩く、エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用する、といったことを続けていくのも効果があります。
運動はリフレッシュ効果もあるので、ストレス対策にも良いですね。中には心臓に負担がかかるスポーツもあるので、心臓や腎臓などに病気がある人は一度医師に相談してみてくださいね。

 

薬物療法

食事や運動では改善されなかった場合、薬物療法を勧められます。その際は効果や副作用を確認するためにも定期的に病院へ通うことが必要となります。
また最近はサプリで改善させる人も多いようです。

 

危険性

これらの治療方法が面倒だからといって脂質異常症を放置すると大変なことになります。脂質以上が続くと動脈硬化が進んでしまい、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な合併症を引き起こすことに繋がります。また中性脂肪が極端に高いと急性膵炎になるケースもあります。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら