悪玉コレステロール下げるぞ!減らすぞ!食品・運動・サプリのまとめ

オメガ3って?

油の種類のことを言います。そもそも脂肪酸(油脂を構成する主な成分)は、2つに分けることが出来るのです。それが飽和脂肪酸(動物性脂肪)と不飽和脂肪酸(植物性脂肪)です。不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪の値を下げる、いわば健康の味方のような油です。そして実は不飽和脂肪酸の中でも2つに分けることが出来るのです。それが一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸です。
オメガ3は多価不飽和脂肪酸の中に入ります。代表的な脂肪酸には「αーリノレン酸」「エイコサペンタエン酸」(EPA)「ドコサヘキサエン酸」(DHA)があります。具体的な油の種類で言うと、亜麻仁油、しそ油、えごま油などが挙げられます。青魚の油もオメガ3です。

 

オメガ6って?

オメガ3と同じように、多価不飽和脂肪酸の1つです。オメガ3もそうなのですが、人間の体内では作られない「必須脂肪酸」です。
代表的な脂肪酸には「リノール酸」があります。具体的な油の種類で言うと、コーン油、紅花油、ごま油などが挙げられます。

 

オメガ9って?

オメガ9のみ一価不飽和脂肪酸になります。人が体内で作ることのできる脂肪酸です。代表として挙げられる脂肪酸には「オレイン酸」があります。具体的な油の種類で言うと、オリーブオイル、キャノーラ油、米糠油などが挙げられます。また、アボカドにもオメガ9であるオレイン酸が含まれています。

効果効能

オメガ3

悪玉コレステロールの値を低くしたり、善玉コレステロールの値を高めてくれる効果があります。そして血圧を下げる効果や血液をサラサラにする効果もあるので、血栓の予防にもなります。
しかし酸化しやすい、熱に弱いという非常にデリケートな油でもあります。そのままドレッシングとして使うのが理想的です。くれぐれも保存状態には気をつけ、開封したらなるべく早く消費することが大切です。
また青魚で摂取する場合は、酸化しやすい干物ではなく新鮮な状態で食べるようにしましょう。

 

オメガ6

総コレステロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。そして高血圧も防いでくれます。反対にオメガ6が体内で不足すると、成長の遅れや感染症にかかりやすくなる、皮膚状態が悪化することなどがあります。しかし摂りすぎると善玉コレステロールまで下げてしまうので、くれぐれも過剰摂取には気をつけましょう。

 

また、オメガ3と同じように酸化しやすいという性質があります。ですが熱には強いので炒め物などに最適です。特にコーン油は油切れが良いので、揚げ物にも使いやすいですよ。

 

オメガ9

悪玉コレステロールを減らす効果や、コレステロール値自体を上げにくくする効果があります。そして老化や生活習慣病も予防してくれます。熱にも強く、オメガ3や6に比べると扱いやすい油です。
オメガ9であるオリーブオイルをよく使う地中海沿岸地方は、他の欧米諸国に比べると心筋梗塞などの死亡率が低いと言われています。
しかし身体で作ることの出来る油でもあるので、摂り過ぎはカロリーオーバーになる可能性もあります。

 

オメガ3の1日の摂取量とは?

オメガ6は比較的日常でも摂取しやすい油なので、摂りすぎてしまう可能性もあります。反対にオメガ3はなかなか摂りづらい油とされています。
1日の摂取量の目安は、厚生労働省の推奨で「1日1000mg以上」にされています。実は10~40代の人はその半分である500mgですら摂取できていないそうです。
そしてオメガ3とオメガ6の割合の理想比は1:4と言われています。ちなみにオメガ31000mg分を食べようと思うと、まぐろの赤身のお刺身を40切れ以上食べなければならない計算です。食べ物から摂取するのが一番望ましいのですが、どうしても難しい場合はサプリメントを利用するのも良いですね。

 

オメガ3は超重要!

悪玉コレステロールの数値が高まる場合には、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなるため、オメガ3脂肪酸を摂取することが望ましいとされています。オメガ3脂肪酸は人間にとって不可欠な成分の一つで、青魚の脂分に多いDHAやEPAが代表的です。

 

昔の日本人は、雑穀や麦などを主食にしながら、魚や大豆食品をタンパク源にしていました。伝統的な和食には、オメガ3脂肪酸がとても多く、余計な脂肪分は含まれていないのが特徴です。最近の日本の食事は豪華になりましたが、栄養は高脂肪で高タンパクになり、悪玉コレステロールを増やす原因になっています。肉類が中心の食事になれば、オメガ3脂肪酸を効率的に摂取することが困難になるため、料理の品目数は多彩にする必要があります。

 

オメガ3脂肪酸の一種のαリノレン酸は、紫蘇にも多く含まれることが分かり、最近では大変に注目されています。紫蘇の種子からは油を絞ることができますが、これがオメガ3脂肪酸の宝庫なのです。紫蘇は古代中国の時代から知られる植物で、生薬としては蘇葉とも呼ばれています。紫蘇の精油成分には食欲を増進させるなどの作用がありますが、オメガ3脂肪酸の存在が分かったことで、新たな利用法が生まれることになりました。

 

オメガ3が手軽にとれる超人気サプリメントは!?

オメガ3は大事な成分ですが、日常の食事から「基準量」を摂取するのは難しいですよね。
もちろん青魚を毎日たくさん食べられれば理想的といえばそうですが、忙しい毎日、中々それも大変です。
そんなときはサプリメントに頼ってしまうのが一番楽です。
悪玉コレステロールをさげるために有効なepaとdhaが豊富に含まれているサプリメントはオススメです。
中でも人気なのがきなりです。コストパフォーマンの良さから、口コミの評判も高く最も売れているEPA,DHA摂取サプリメントでしょう。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ