牛乳とかヨーグルトなど乳製品などはコレステロール増やすのか?

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はコレステロールを増やすの?

「牛乳や乳製品は悪玉コレステロールを増やす」と聞いたことがありませんか?確かに乳製品は食べ過ぎると太るというイメージがありますし、コレステロールも100mlあたりに17mgほど含まれています。しかし最近の科学的な実験や研究によってその意見が覆されています。
というのも、よっぽど1日に2~3リットル牛乳を飲むくらいでない限り悪玉コレステロール値は変わらないことが分かったのです。
実際に96人の人を対象に1日400mlの牛乳を4週間の見続けてもらいました。すると牛乳を飲む前後のコレステロール値はほとんど大差がなかったそうです。
別のデータでも、健康な50人にヨーグルトを12週間摂ってもらったそうです。
するとむしろ7日目にして全員のコレステロール値が5~10%下がったことも分かりました
実験結果だけでなく、乳製品には悪玉コレステロールを排除して善玉コレステロールを増やすことも分かっています。

 

なぜ乳製品はコレステロールを上げないの?

一番に考えられるのは牛乳や乳製品にはカルシウムがたくさん含まれているということが挙げられます。カルシウムにはコレステロールを減らす働きがあるからです。

 

そして次に考えられるのは、牛乳や乳製品に含まれる乳糖に秘密があるのではないかということです。実際にそこはまだ解明されていないそうなのですが、何らかの形でコレステロールを減らしているのだと推測されています。
ヨーグルトに関しては、乳酸菌や酵母の働きによるものではないかとされています。

 

目安の量は?

そもそも人間の食事から摂るコレステロールの目安量は男性が750mg・女性が600mg未満とされています。しかし、例えばプロセスチーズでも1切れ20gに含まれているコレステロールの量は16mg程度です。
そのため牛乳に置き換えると1日600ml程度ならば問題がないと考えられます。

 

こんな人はどうする?

牛乳や乳製品はカルシウムなどが豊富に含まれていて、とっても栄養価の高い食品です。そのため毎日でも摂りたいものです。
しかし悪玉コレステロール値が140mg以上の人は少し注意が必要です。そういう人は低脂肪や無脂肪の牛乳を選んだり、スキムミルクを使って料理するなどの工夫をするといいですね。アイスクリームや生クリームなども避けた方が良さそうです。
最近はコレステロールに配慮したバターなどが売られていますし、スターバックスなど有名チェーンのコーヒー屋さんでも低脂肪牛乳や無脂肪牛乳、生クリームなしなどで頼むことが出来ますよ。

 

牛乳の効果

 

骨や筋肉を作る

牛乳に含まれているカルシウムが丈夫な骨を作ってくれたり、牛乳に含まれているたんぱく質が筋肉を作ってくれます。
子供の成長や、骨粗しょう症予防にも良いですね。

 

便秘予防に

牛乳に含まれている乳糖には穏やかな下剤効果があります。特に起きたてに冷たい牛乳を飲むことで胃や腸が刺激されるのでおすすめです。
しかし乳糖不耐症といって、乳糖がうまく分解できずに大腸に入ってしまう人がいます。そういう人は牛乳や乳製品を摂ると下痢・腹部膨満感・ガス・腹痛・吐き気などが起こるのです。
大人なるにつれて多くなっていくとも言われています。そしてアジア人や黒人、ヒスパニック人に多いことも分かっています。
1回の症状だけでは牛乳の温度や体調などが関係しているかもしれなので何とも言えません。毎回症状が出る人は乳糖不耐症だと言えます。

 

牛乳が苦手な人は!?

ヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトは、乳糖の一部も分解されているため乳頭が少なくなっています。場合よりゼロ。
そのためお腹がゴロゴロしにくいのも特徴です。
しかし糖分の多いヨーグルトはカロリーも糖質も多いです。
プレーン味の無糖ヨーグルトにしましょう。甘さが欲しい場合にはラカントSなどの天然甘味料をしようするとよいでしょう。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら