悪玉コレステロールを下げる、高脂血症の薬と副作用は?エゼチミブ・スタチン系

悪玉コレステロールを下げる薬の種類

悪玉コレステロールを下げる薬の種類

 

大きく2種類の薬に分けることができます。1つはスタチン系と呼ばれる薬です。コレステロールは肝臓で作られるのですが、肝臓でコレステロールを作る酵素を抑えてくれます。そして悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるお薬なのです。簡単に言うとコレステロールの合成を妨げる薬です。基本的にはこのスタチン系の薬から始めていくことが多いです。
もう1つはエゼミチブやレジンと呼ばれる、コレステロールの吸収を抑える薬です。これらはスタチン系の薬では効果がみられなかった人に使われることが多いです。レジンの方は体内に吸収されないので比較的に安全な薬とされていますが、1回の服用量が多いことがデメリットとして挙げられます。

 

具体的な薬の名前

スタチン系

メバロチン(プラバスタチンナトリウム)、リポバス(シンバスタチン)、ローコール(フルバスタチンナトリウム)、リピトール(アトルバスタチンカルシウム水和物)、リバロ(ピタバスタチンカルシウム)、クレストール(ロスバスタチンカルシウム)など

 

エゼチミブ系

ゼチーア(エゼチミブ)

 

レジン系

クエストラン(コレスチラミン)、コレバイン(コレスチミド)

 

副作用はあるの?

医薬品なので副作用が出る可能性はあります。スタチン系の薬は、筋肉の細胞が壊れてしまう横紋筋融解症、そして肝障害や白血球の減少がみられることも考えられます。
エゼチミブ系は副作用はほとんど無いと言われています。しかし、まれに便秘や下痢などの消化器症状が出ることもあります。もっと少ないケースですが肝障害を起こすこともあります。
同じくレジン系の薬も副作用はほとんどありませんが、便秘やお腹の張りといった消化器症状を感じるケースもあります。

 

最近よく使われるようになった薬も

コレステロール対策の薬には大きく分けて2種類と説明しましたが、実は最近よく使われるようになってきた薬がもう1種類あります。それはEPA製剤のイコサペント酸エチルという種類です。EPAとは主に青魚に含まれている脂肪酸で、血液をサラサラにする効果があります。そういった効果を利用しているのがこの薬で、中性脂肪の値を下げて間接的に悪玉コレステロールの値も下げてくれます。

 

数値が正常になったら服用を中止してもいいの?

脂質異常症の薬は基本的に服用し続けることになっています。体重やコレステロールなどの数値が正常値になり、動脈硬化の危険因子もなくなれば医師の指導のもと服用をいったん中止するケースもあります。しかしそのときも食事療法や運動療法、そして定期検査も必要となります。

 

自己判断で服用をやめてしまうと何年か後に心筋梗塞などを発症することも考えられます。いくら正常値になったからと言って、決して自己判断で服用を中止してはいけません。医師の指示通りに服用すること、食事に気をつけること、運動をすること、定期検査を受けることが大切です。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ