LH比率とは?悪玉コレステロールを減らすだけではダメ!?

LH比とは?

悪玉コレステロール(LDL)を善玉コレステロール(HDL)で割ったものです。例えば悪玉コレステロールの値が150mg/dlで善玉コレステロールの値が50mg/dlだったとします。するとLH比は150÷50で3.0となります。LH比が少なくなるほど健康だと言えます。

 

コレステロールの高さだけで判断しないこと

これまでは高脂血症、高コレステロール血症などと呼ばれていて、総コレステロールの数値などで判断していました。しかし悪玉コレステロールの値や善玉コレステロールの値をみることも大切だと考えられるようになりました。なぜなら悪玉コレステロールの値が正常であっても、善玉コレステロールの値が低いと心筋梗塞を起こす例が多かったからです。
つまり動脈硬化や心筋梗塞などにはLH比が関わっているのです。

 

LH比の目安

LH比が2.5以上になると動脈硬化や血栓のリスクが高まります。他に病気が無い場合は2.0を目指しましょう。高血圧や糖尿病を患っている場合や、心筋梗塞といった病歴がある場合は1.5以下にするのが望ましいとされています。

 

LH比率を適正にするために注意すること

お菓子などの間食をする習慣がある人

お菓子などの甘いものやスナック菓子はコレステロールを上げやすい食品です。食べ過ぎることで悪玉コレステロールの値が増えてしまいます。一回間食する癖が付いてしまうと、いつもその時間にお腹が空いてしまいます。

 

肥満、メタボリックシンドローム

内臓脂肪が増えて肥満になると、肝臓で中性脂肪や悪玉コレステロールが作られやすくなります。また、食べ過ぎを繰り返すことにより血糖値が下がりにくくなり、インスリンというホルモンも効きが悪くなります。インスリンが効きにくくなると、中性脂肪を増やしたり善玉コレステロールを減らすので高血糖や高血圧の原因にもなってしまいます。

 

喫煙習慣のある人

タバコに含まれるニコチンは、悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らす働きがあります。そしてタバコに含まれる一酸化炭素は身体の中で活性酸素を増やします。つまり悪玉コレステロールを酸化させるので動脈硬化を招きやすくなるのです。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら