お酢・黒酢の効果や違や効能は|血液サラサラ!コレステロール対策

お酢・黒酢の効果

食欲を増進させる

夏はピクルスや冷やし中華など、酢の効いた物を食べたくなりますよね。それはとても理にかなっていて、お酢には食欲を増進させる効果があるのです。
お酢は唾液や胃液の分泌を促し、消化酵素の働きも活性化させます。そのことで胃の働きもよくなるので、食欲も増してきます。夏バテ予防に良いですね。

 

疲労回復

先ほど夏に食べたくなると言いましたが、お酢には疲労回復効果もあるので夏バテになってからもおすすめです。お酢の主成分、酢酸は体内でクエン酸になります。クエン酸は疲労の原因である乳酸を分解・抑制したり、血行促進にも効果がありますよ。スポーツをした後にクエン酸が入ったドリンクを飲む人も多いようです。

 

血圧を下げる

先ほど説明したお酢の主成分である核酸は、血圧の上昇に関わっている「レニン・アンジオテンシン系」の働きを抑えてくれるそうです。とはいえ全員の血圧を下げる訳ではなく、高血圧の人の血圧を正常に保つだけなので低血圧の人も安心してくださいね。

 

血糖値の上昇をゆるやかにする

糖質が入ったものをたくさん摂取することで血糖値が上昇します。これを何回か繰り返すことは糖尿病へのリスクを高めてしまいます。
酢酸は糖質を吸収を抑える働きがあるので、血糖値の上昇をゆるやかにする効果も期待できます。例えばご飯やパン、甘い物を食べるときは一緒にお酢を摂るようにすると良いですね。お酢は塩との相性がいいので、少しの塩だけで味わい深くなりますよ。

 

美容効果

芸能人など、キレイな人はお酢を飲んでいるイメージがありませんか?お酢には活性酸素を除去する作用があるので、美容効果も期待できます。活性酸素は老化の原因とも言われているので、お酢を飲んでしっかり除去しましょう!

 

がん予防

タマノイ酢株式会社によると、黒酢エキスは大腸がんの発生を抑える働きがあるそうです。これはラットを使った実験で証明されているそうです。他にも潰瘍性大腸炎への予防もあるのだとか。

 

減塩や防腐としても

特に黒酢は味が濃いので、料理をするときの減塩にもなります。
またお酢には防腐や殺菌効果もあるので安心です。

 

コレステロールへの効果

お酢はコレステロールへの効果もあります。お酢で有名なミツカンの実験によると、お酢を12週間飲んでもらったグループはそうじゃないグループに比べてコレステロール値が有意に下がったそうです。
このことからお酢を飲むとコレステロール値が下がると言えます

 

お酢と黒酢の違い

一番の違いは色ですよね。黒酢がなぜ黒いのかというと、製造工程の麹菌の作用が関係しています。そして味や香りも違います。
黒酢は一般的な米酢に比べるとまろやかでコクがあります。
黒酢の原材料は玄米や大麦で、1~3年という長い期間熟成しています。そのためアミノ酸が豊富に含まれ、このような味や香りになると考えられています。
また、米酢よりアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれているので黒酢の方が身体に良いとされています
先ほど紹介した疲労回復効果などを考えても黒酢の方がおすすめです。

 

お酢を摂取する方法

飲み方と注意点

お酢は胃液の分泌を促しますが、少々刺激が強いものでもあります。そのため胃腸が弱い人や子供にはキツイかもしれません。飲むタイプのお酢はしっかり希釈しましょう。薄めから飲んでいくのがおすすめですよ。また健康な人でも空腹時と寝る前は避けましょう。
効果的なのは牛乳で割る方法です。お酢はカルシウムの吸収をサポートする働きがあります。また、牛乳は胃の壁を保護する作用もあるので胃が弱い人にもおすすめです。

 

コレステロール対策には

コレステロール対策には大さじ1杯のお酢を飲むことが効果的です。そのときも5倍以上に希釈して飲むようにしましょう。
ドレッシングとして使ったり、酢豚や南蛮漬け、マリネなどのお酢料理で摂取するのも良いですね。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ