キトサンと悪玉コレステロールの関係は!?効果と効能・副作用と飲み方 

キトサンとは?


動物性食物繊維の一種です。主にカニやエビの甲羅や殻、昆虫の表皮、イカなどの骨格、キノコの細胞壁、チーズに含まれています。人間の消化酵素で消化されないので不溶性食物繊維に分けられます。

 

悪玉コレステロールとの関係

血中のコレステロールは肝臓で胆汁酸となって小腸へ分泌されます。そしてその一部は再吸収されて肝臓に戻ります。
そんな中キトサンは消化管内で胆汁酸を吸収したり、再吸収を抑えて余分なコレステロールを便として排泄してくれるのです。
またキトサンの働きによって血中コレステロールは通常よりも活発に使用されるので、悪玉コレステロールの値が下がっていくことが分かっています。
実際にヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを摂取した試験を行ったところ、1日3袋・12週間で悪玉コレステロール値が有意に低下したことも分かりました。

 

キトサンの効果・効能

キトサン 効果 効能

有害物質を排出する

キトサンはコレステロールを排出させるだけでなく、身体に取り込まれた食品添加物や環境汚染物質といった有害物質を排泄する効果もあります。また塩分やプリン体も排泄してくれることから、身体に悪いものを排出してくれるという優れものだと言えます。

自然治癒力を高める

キトサンは体内のリズムを調整し全身の状態を整える効果があります。そのため免疫力の向上や自然治癒力の向上が期待できるとされています。
健康補助食品としても市販されていて、添加物としてキトサンを用いている健康食品は特定保健用食品(トクホ)に認定されているものもあるのです。

 

肥満予防に

糖尿病を患っていない12人の肥満の方たちに、3ヶ月間キトサンまたはプラセボを摂取してもらう実験を行いました。するとキトサンを摂取したグループは食後のインスリン感受性が増加していたり、体重やウエストBMIなどがプラセボよりも下がっていたことが分かったのです。
そのため肥満予防にも有効だと考えられます。

 

あらゆる病気の改善に

他にも肝炎や腎臓病、糖尿病、脂質異常症、高血圧、アレルギー性疾患、不眠症、神経痛、リウマチ、肩こり、視力障害、骨粗しょう症といった、様々な病気や症状を改善すると言われています。

 

副作用はないの?

キトサンの副作用や健康被害などは今のところ報告されていません。しかしカニやエビなどの甲殻類アレルギーがある方は発疹やかゆみが現れることがあるので注意が必要です。
また体質的に合わず下痢や腹痛、倦怠感などが起こったときはすぐに摂取を中断しましょう。

 

そして過剰に摂っても問題はありませんが、食物繊維は消化しにくいという性質があるので胃腸の弱い人は摂り過ぎに注意しましょう。

 

キトサンの飲み方~効果的に摂る方法~

 

水と一緒に

キトサンは水分を保持する作用が強い特徴があります。反対に水分が不足していると便秘を招くこともあるのです。そのためキトサン1グラムに対して200ミリリットルほどの水分を一緒に摂るようにしましょう。

 

サプリメントで摂る

キトサンが含まれているサプリメントもたくさんあります。目的などに応じて自分に合ったサプリメントを選ぶと良いですね。ダイエット目的で飲むのならば食前に飲む方が効果的です。
おすすめはキトサンが手軽にとれる「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>」です。トクホであり、コレステロールを下げるサプリメントとして、とても人気です。

コレステロールを下げるキトサン配合のサプリメント!

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

コレステロール下げる! キトサン配合のサプリはこちら