納豆とナットウキナーゼ|血液サラサラ効果!人気サプリと血栓溶解・予防

ナットウキナーゼとは?

納豆は日本人になじみ深い食品ですよね。毎日食べるという方も多いのではないでしょうか。納豆菌が煮大豆を発酵させると納豆が出来上がります。そしてその納豆菌の一種であり、納豆の中に含まれているネバネバ成分がナットウキナーゼです。たんぱく質を分解する酵素でもあります。

 

ナットウキナーゼの働き

血栓を溶かす働きがあります。その効果は一般の抗血栓薬と同等だとも言われています。つまり血液をサラサラにして動脈硬化などを予防してくれるという訳なのです。
そこまで血液をサラサラにする効果があるなら、けがをしたときなどに血が止まらなくなるのではないかと心配になりますよね。でもナットウキナーゼは色んな安全性の試験をクリアしているので問題ないそうです。

 

血圧を下げる効果や血流改善効果

人間を対象にした実験で、血圧を下げたり血流を改善する効果があることが分かりました。
納豆キナーゼの効果
詳しくはこちらhttp://j-nattokinase.org/info/2009/01/post-2.html
」「http://j-nattokinase.org/info/2007/11/post-3.html
画像引用。

 

他にも様々な効果が

ナットウキナーゼなどの納豆菌には、他にも様々な効果があります。例えば消化を促進させる、腸内環境を良くする、活性酸素を抑える、新陳代謝を促すといった効果です。

 

納豆には大豆イソフラボンも

納豆は大豆製品です。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンにも血液をサラサラにする効果や悪玉コレステロールを減らす効果があります。女性ホルモンに似た働きもするので、閉経後にコレステロール値が悪くなってきた女性にもオススメですよ。

 

大事なのはビタミンK・ナットウで知っておきたい注意点

納豆には血液をサラサラにするナットウキナーゼも含まれていますが、反対に血液を固まらせる作用のある「ビタミンK2」が含まれています。ビタミンK2自体が悪いものという訳ではありません。骨を丈夫にしたり、怪我をしたときに血が止まるのもビタミンK2のおかげです。骨粗しょう症予防にもビタミンK2が効くとも言われています。
しかし血栓症の人や血液を固まりにくくする医薬品、例えば「ワーファリン」などを服用している人は効果が軽減される可能性があるので、納豆などのビタミンK2をたくさん含んだ食品は医師から制限されています。
もしもビタミンK2の効果を除いたナットウキナーゼのみの摂取をしたい場合は、サプリメントで摂取するのが手軽でオススメですよ。

 

ナットウキナーゼを摂取するのはいつがいい?

実は血栓が作られやすいのは深夜から早朝にかけてということを知っていますか?そのため夕食後や就寝前にナットウキナーゼを摂取することが効果的なのです。血栓などの対策として毎朝納豆を食べている方は、ぜひ夕食後や就寝前に変えてみてはいかがでしょうか。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら