ガセリ菌で内臓脂肪やHDLを減らせる!?ダイエット効果と乳酸菌について

ガセリ菌とは

ガセリ菌とは

 

乳酸菌の一種です。乳酸菌にはそれぞれ種類があり、特徴や効果が違います。
ガセリ菌の特徴は、通常の乳酸菌は寿命が3~7日くらいなのに対して、腸の中に最大90日間棲むことができる点です。また胃酸や胆汁に強いため、生きたまま腸に届いてくれます。

 

市販のヨーグルトにも色んな種類がある

悪玉コレステロールを下げる ヨーグルト
市販のヨーグルトにも色んな種類があることを知っていますか?有名なところではカスピ海ヨーグルトやR-1ヨーグルト、ブルガリアヨーグルトといったところでしょうか。
これらはそれぞれ入っている乳酸菌の種類が違います。例えばビフィズス菌、LG21菌、ラブレ菌が入ったヨーグルトなどがあります。よくテレビなどのメディアでも、このヨーグルトはインフルエンザ予防に良い、花粉症に良い、痩せる・ダイエットに良い!などと取り上げられていますよね。

 

内臓脂肪とは?

体脂肪の一種で、内臓脂肪と皮下脂肪に分けることができます。内臓脂肪はメタボリックシンドロームとも関係しています。内臓脂肪が過剰に多いことでお腹がぽっこりしていき、メタボリックシンドロームに繋がるのです。
皮下脂肪に比べると内臓脂肪の方が減らすのが簡単とも言われています。

 

悪玉コレステロールとは?

悪玉コレステロールとは
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2つはそれぞれ性質が違い、悪玉の方は全身をまわり様々な組織にコレステロールを運びます。善玉の方は全身をまわり余分なコレステロールを回収してくれます。悪玉の方が名前の通り、悪者扱いされています。

 

ガセリ菌で内臓脂肪を減らすことができる?

ガセリ菌には内臓脂肪を減らす機能があります!これは科学的にもきちんと証明されているのです。といっても全てのガセリ菌に証明されている訳ではなく、雪印メグミルクの保有しているガセリ菌SP株という乳酸菌は、実験によって内臓脂肪を減らすことができると証明されているのです。
雪印メグミルクによると、1日1個「ガセリ菌SP株」が含まれたヨーグルトを12週間摂取することで内臓脂肪を平均で5.2%減らすことができたそうです。
そのため雪印メグミルクの「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」にはパッケージにも内臓脂肪を減らすと書かれてありますし、機能性表示食品にも指定されています。

 

悪玉コレステロールやダイエットへの効果は?痩せるって本当?

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らすだけでなく悪玉コレステロールを減らすことも分かっています。元々悪玉コレステロールなどが高めの16人に1日200gのヨーグルトでガセリ菌SP株を摂取してもらったところ、11週目で血中の血中総コレステロールをガクッと減らすことができたそうです。平均値はおよそ212mg/100mlだったのに対して、201mg/100mlほどにまで下がりました。

 

他にもウエストや体重、皮下脂肪を減らす、すなわち痩せる(ダイエット)効果があることも報告されています。
このことから雪印メグミルクの所有するガセリ菌SP株には悪玉コレステロールやダイエットにも効果があると言えます。
そして内臓脂肪を減らすこと自体も悪玉コレステロールを減らすことに繋がります。ヨーグルトを食べるだけで痩せる、悪玉コレステロール値や内臓脂肪を減らすことが出来るなんて嬉しいですよね。ヨーグルトダイエットなんてのも流行するかもしれません。
お医者さんから悪玉コレステロールや内臓脂肪を減らすよう言われた人、生活習慣病を防ぐため痩せるよう言われた人はぜひガセリ菌の摂取を始めてみましょう!

 

内臓脂肪や悪玉コレステロールなどの値が悪いとどうなる?

そもそも内臓脂肪や悪玉コレステロールなどの値が悪いとどうなるのでしょうか。
内臓脂肪が溜まると生活習慣病を招く生理活性物質というものが増えてしまいます。例えばインスリンがうまく働かなくなり血糖値が上がる、血圧が上がる、動脈硬化が進むなどのことを引き起こすのです。
悪玉コレステロール値が高い場合も危険です。悪玉コレステロールなどが原因で、最悪の場合は死に至ることも考えられます。悪玉コレステロールが増えることで血管が狭まり、血流が悪くなったり詰まりやすくなります。そのせいで動脈硬化から狭心症、心筋梗塞、脳梗塞へと発展する可能性が高いからです。たかが悪玉コレステロール、と軽く見ないようにしましょう。

 

ガセリ菌のその他の効果

免疫力を上げてインフルエンザや風邪予防

ヨーグルトは風邪予防、インフルエンザ予防に良いと聞いたことがありませんか?ヨーグルト(乳酸菌)の種類にもよるのですが、ガセリ菌SP株にもそのような効果があることが分かっています。
まず乳酸菌が出している乳酸によって病原菌の繁殖が抑えられます。そして腸の免疫機構を刺激して免疫を活性化させてくれるのです。
またガセリ菌SP株をマウスに投与したところ、インフルエンザに感染した後の生存率が上がったり、肺の中のA型インフルエンザウイルスの増殖を抑える、肺の炎症を抑える、といった効果があったそうです。
特に冬は風邪やインフルエンザが流行しますよね。手洗い・うがいに加えてガセリ菌SP株を摂ることも始めてみませんか?万が一かかったとしても重症化のリスクを減らすことができます。

 

カルピス社のガセリ菌はストレス・腸の不調を緩和する

カルピス社は「プレミアガセリ菌CP2305」という乳酸菌を保有しています。カルピス社の研究で、これを継続して摂取することでリラックス効果や安眠効果を得られることが分かりました。
精神不安による体調の変化を改善したり、睡眠の質も改善したそうです。

 

また下痢や便秘にも効果を表したことも報告されています。腸と免疫、腸とストレスは密接な関係にあると言われているので、まずは腸を整えることから始めていきましょう!
便秘が治ることで痩せる人も多いようです。ダイエット目的での腸活もいいですね。

 

ガセリ菌を摂るには?

雪印メグミルクやカルピスから出されているガセリ菌が入ったヨーグルト、ヨーグルトドリンクを飲む、サプリメントを摂取するという方法があります。
べることで食事の量や間食を減らすことも出来そうです。最近は断食ダイエットといって、基本的な食事は摂らずに酵素ジュースやヨーグルトのみ食べるといったダイエットも「痩せる」と人気を集めています。その際にも良さそうですね。
また、ヨーグルトメーカーを使って手作りすることも出来るので、ぜひ試してみてくださいね。
ガセリ菌で内臓脂肪、悪玉コレステロールを減らす生活&痩せるためのダイエット生活、始めてみませんか?

 

ダイエット効果を高めるために

毎食後に摂取もよし、食事と置き換えるのもよし、食前もよし、間食や夜食にもよしです。野菜と一緒にミキサーにかけてスムージーとして飲むのもおすすめですよ。
これなら楽しくダイエットが出来そうです。

 

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ