EPAとDHAの効果効能と摂取量は!?多く含まれる食品|処方箋の薬

EPAとは?

別名エイコサペンタエン酸と呼ばれる脂質の一種です。1960年代に発見され、それ以降様々な病気に効果があるとして研究され続けている成分でもあります。

 

血液をサラサラにする効果や悪玉コレステロールを減らすがあるので、血栓の予防、動脈硬化の予防、そして脳卒中や心筋梗塞などを防ぐことが確認されています。また、アレルギー予防や高血圧予防としても有効です。最近ではうつ病や認知症にも効果があるのではないかと考えられています。しかも摂取すると血液中に増えやすい性質を持っています。

 

DHAとは?

別名ドコサヘキサエン酸と呼ばれる脂質の一種です。1980年代後半に、脳などの神経系に豊富に含まれていることが分かりました。
悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させて血液をサラサラにしたり、脂肪燃焼を促す効果や眼の機能を回復させる効果があります。そして脳の機能や発達を高めてくれるので「頭が良くなる成分」とも考えられています。特に乳幼児の脳の発達には欠かせない栄養素なので、3歳までにしっかり摂取することが大切です。

 

多く含まれる食品

EPA

スジコやホッケ、メバル、イワシなどに多く含まれています。

DHA

ウナギやマグロ、カツオ、サンマ、サバなどの魚の油に多く含まれています。「魚を食べると頭が良くなる」と言われているのはDHAの効果もあるのです。特に背の青い魚に多いようです。

 

2つの違いとは?

どちらも脂質であること、魚に多く含まれていること、血液をサラサラにすることは共通しています。ただし血液をサラサラにする作用はEPAの方が多いのです。
EPAはどちらかというと血液に関することに効果を発揮するので、特に成人におすすめしたい栄養素です。DHAはどちらかというと脳や神経の発達に効果を発揮するので乳幼児や子供におすすめしたい栄養素です。とはいえ、どちらも大切な栄養素なので老若男女問わず摂取するのが望ましいでしょう。

 

EPAとDHAの処方箋の薬

エパデール

一般名は「イコサペント酸エチル」と呼ばれる大正製薬の薬です。EPAが含まれていて、脂質異常症や閉塞性動脈硬化症の人などに用いられます。作用としては血液中のコレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、血を固まりにくくする、血管の弾力性を保つことなどが挙げられます。
300mg、600mg、900mgの3種類があり、柔らかいカプセル状になっています。

 

ロトリガ

一般名は「オメガ-3脂肪酸エチル」と呼ばれる武田薬品の薬です。EPAとDHAの両方が含まれていて、中性脂肪が多い人などに用いられます。作用としては、肝臓からの脂肪分を分解して血液中の中性脂肪を減らしたり、コレステロールの質をよくすることなどが挙げられます。
EPAもDHAも食べ物に含まれているものなので、この薬の安全性も高いと言えます。しかし悪玉コレステロールを上げてしまうことがあるので注意が必要です。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!

医師が作ったサプリ「きなり」

きなりの公式HPへ