コレステロールが異常なほど低下は危険!症状・原因・改善法法

コレステロールが異常なほど低下する原因

1次性と2次性があり、どちらも原因が異なります。

1次性

αリポタンパク欠損症(別名tan-gier病)、無β-リポタンパク欠損症、などが原因として考えられます。

 

2次性

がん

肝がんがある場合、特にコレステロール値は低下していきます。
コレステロールというのは、主に肝臓で合成されるのですが、その肝臓にがんが出来てしまうと、肝機能が著しく低下していき、コレステロールが満足に作られなくなります。
そこで、足りなくなった分はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)などを回収して補っていくため、コレステロールが減ることになるのです。
また、がん細胞自体もコレステロール値を低下させます。
恐ろしいのが、がん細胞って、増殖するためにエネルギーを必要とするのですが、アクティブになるためにコレステロールを必要としています。
がん細胞は、LDL受容体の働きをアクティブにして血液中のLDLをポジティブに自らのものにしていくのです。

 

肝硬変

肝硬変になると、肝臓の機能が定価するので、コレステロールの合成に支障をきたすようになります。

 

白血病

血液の病気の中でもコレステロール値を下げる病気の一つがこれです。

 

栄養バランスが悪い 栄養不足・消化不良

栄養不足などで、コレステロールの合成がうまくいかずにコレステロールの値が下がることがあります。
栄養不足の状態が長いことはよくありません。

 

アジソン病

体が必要とする副腎皮質ホルモンの量を分泌できない副腎皮質機能低下症になり、常に副腎ホルモンが不足している状態。非常に難しい状態です。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら