DHAドコサヘキサエン酸が多い食品と効果!人気のサプリは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは?

主に魚に含まれている脂質のことを言います。一般的に油や脂質と聞くと身体に悪いイメージがあるかもしれませんが、DHAはn-3系列の多価不飽和脂肪酸というものに分類され、身体に様々な良い効果をもたらしてくれるのです。
DHAには血小板凝集抑制という効能があります。これは血液が固まるのを抑える働きで、血小板が固まることで起きる血栓症を防いで血液の流れを改善していきます。さらに血管を柔らかくする作用もあるため、動脈硬化を防ぐので脳卒中や大動脈瘤などの病気の予防になります。
また、dhaは血液脳関門を通過できるという特徴があります。血液脳関門は、生物にとって重要な役割のある脳を守るための扉になり、毒物などの脳に悪い影響を与える物質が入らないようにしています。dhaの成分は脳の神経細胞や網膜に直接働きかけることができ、神経物質の伝達を強化する効能があるため、記憶などの学習能力が上がるとされています。

 

DHAが多く含まれている食品は?

魚の中でも青魚に多く含まれています。例えばイワシやサバ、ブリ、カツオ、サンマ、アジなどです。他にもマグロやウナギ、スジコ、アンコウの肝などにも含まれています。
魚を調理するのは苦手という方は、これらの缶詰でもDHAを摂ることが出来ますよ。

 

DHAの効果

 

コレステロールや中性脂肪を減少させる

DHAには悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになることによって脂質異常症や動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などを予防したり改善することに繋がっていきます。
生活習慣病が気になる方にはおすすめの栄養素だと言えますね。

 

認知症の予防

人間の脳は約140億くらいの神経細胞から出来ています。そしてDHAは「脳の栄養素」とも呼ばれていて、それらの神経細胞の膜の中で心身の機能をコントロールしています。
1980年代、イギリスの研究機関が日本人の子供と欧米人の子供の脳を比較しました。すると日本人の子供の方が知能指数が高いことが分かったのです。
その原因として日本人の魚を食べる食習慣が考えられます。魚に含まれているDHAは脳や神経の発育に重要な役割を担っているからです。
そしてDHAには認知症を予防するという研究結果も出ています。「魚を食べると頭がよくなる」という歌にもあるように、魚に含まれているDHAには頭を良くしたり脳の老化を抑える働きがあるのですね。

 

皮膚炎の予防や眼の機能回復にも

DHAは他にも皮膚炎やアトピー性皮膚炎を予防・改善したり、眼の機能を回復させる効果があります。また、乳幼児の脳の発達や視力の向上、心筋の発達のためにも3歳までにしっかりとDHAを摂るようにしましょう。そして妊娠3ヶ月目から摂取することでお腹の赤ちゃんに効果があることも分かっています。お母さんもしっかりDHAを摂りましょう。
アレルギーの原因になるロイコトリエンの元になる、必須脂肪酸アラキドン酸の代わりに摂取することで、アレルギー物質が作られにくくなります。このため、アトピーや鼻炎などのアレルギーの改善効果も期待されています。dhaは、生活習慣病の予防や記憶力の衰えが気になった時の改善に最適な必須脂肪酸です。

 

朝食に取り入れる方が効果的!?

マウスを使った実験で糖分や脂質などの代謝は体内時計によって制御されていることと、マウスに魚油を与えると中性脂肪が低下したことが分かりました。
このことから人間も魚の油を摂るならば活動開始時間帯の朝に摂った方が効果的なのではないかと考えられています。研究チームによって今後も実験が行われます。

 

DHAが効果的に摂れる人気のサプリとは

 

きなり

「さくらの森」から発売されているサプリです。
2年連続でモンドセレクションの金賞を受賞していて、魚臭さがなく飲みやすいことが人気の1つとなっています。DHAはもちろん、EPAやナットウキナーゼ、クリルオイルといった血液をサラサラにする効果のある栄養素がたくさん含まれています。
リピート率が92.3%のきなり、15日返金保証キャンペーンも行っているので一度試してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓

詳細はこちら

 

DHA&EPAオメガプラス(みやび)

その名の通り、DHAとEPAが100円あたりで665mg摂れるサプリです。
他にもα-リノレン酸が多く含まれている亜麻仁油やアスタキサンチン、クリルオイルも配合されているので生活習慣病の予防には最適です。
今回のみの購入でも1851円と驚きのコストパフォーマンス。魚を買ってきて調理するよりも簡単でお得なので、効率良くDHAを摂りたい人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓

詳細はこちら