りんごで中性脂肪やコレステロール値が増えるはウソ!その効果と栄養

りんごは身体に良い!

りんご
りんごを1日1個食べると医者を遠ざける、りんごが赤くなると医者が青くなるという言葉もあるくらい、りんごは身体に良い食べ物です。風邪のときや便秘のときに食べる人もいるかもしれません。しかし果糖が多いので太ってしまうのでは?中性脂肪などが増えてしまうのでは?と思う人もいるかもしれません。それは本当なのでしょうか。

 

りんごは中性脂肪値を下げる

実はりんごは体重を増やすことなく、中性脂肪値を下げてくれるのです。実際の研究でも証明されています。平均年齢45歳の男女14人を対象に、1日1個半~2個のりんごを3週間食べてもらったそうです。すると、りんごを食べ始める前の中性脂肪値は平均で110mg/dlだったのに対して、りんごを3週間食べた後は87mg/dlにまで下がっていたのだとか。
この中には元々中性脂肪の値が214mg/dlと正常値を超えた人もいるのですが、実験後は126mg/dlと改善したそうです。
このとき体重が増えた人がいなかったことも分かっています。他にも血液中のビタミンCが平均で34%増加したことも報告されています。りんごにはそこまでビタミンCが含まれていないので、りんごによって他の食べ物で得たビタミンCの吸収率が上がったと考えられます。

 

りんごはコレステロール値も下げる

それだけでなくりんごはコレステロール値も下げることが分かっています。これはりんごに含まれている食物繊維、りんごペクチンによるものだと考えられています。
こちらも実際の研究で証明されています。平均年齢47歳の男女14人を対象に、りんごペクチンを顆粒にしたものを1日に8.4グラム摂ってもらったそうです。すると3週間後の血液検査で14人中13人の総コレステロール値が下がり、悪玉コレステロールの割合も低くなったのだとか。
コレステロール値を下げることは動脈硬化の予防にもなるので、毎日りんごを食べる習慣を身につけるといいですね。
特に皮の方がポリフェノールやミネラルが多く含まれているそうです。洗って皮ごと食べたりミキサーにかけてジュースにするのもおすすめですよ。
また、お酢にはコレステロールを下げる効果があるので、りんご酢を飲むのも効果的ですね。

 

リンゴンベリーもコレステロールを下げる

りんごではありませんが、りんごに名前の似た「リンゴンベリー」というベリー(コケモモ)もコレステロールを下げる効果があります。これはスウェーデンのルンド大学の研究によって証明されています。
自分で育てることも出来るそうなので、ぜひネットなどでチェックしてみてくださいね。

 

他にもあるりんごの効果・栄養

整腸、便通改善

冒頭でも少し書きましたが、りんごには腸の調子を整える効果があります。それは先ほど説明した食物繊維、りんごペクチンによるものです。りんごペクチンは腸の中の善玉菌を増やしたり、腸の中の有害物質を吸着して排泄してくれる働きがあります。例えば赤ちゃんの便秘改善としてすりおろしりんごにして食べさせる人もいるかもしれませんが、実は下痢の症状にもおすすめです。りんごペクチンはゲル化作用があるので便の水っぽさも固めてくれますよ。

 

美肌効果

りんごにはポリフェノールも含まれています。りんごに含まれているポリフェノールはメラニン色素が過剰に作られるのを抑えてくれたり、紫外線をカットしてくれる働きがあります。そして抗酸化作用によって身体の錆び付きも防いでくれます。
また、リンゴにはクエン酸も含まれているので更なる美肌効果と疲労回復効果が期待できます。

 

高血圧予防

りんごはカリウムも豊富です。カリウムはナトリウムを排出する作用があるので、塩分過多による高血圧予防に最適です。

売れてる!コレステロール対策におすすめ!
1000円でコレステロール対策!
青汁なのにとっても美味しいので続けられると大好評です♪

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン


キトサンで下げる!大麦若葉青汁の詳細はこちら